施術について

胸鎖乳突筋の治療

鍼灸 目黒治療室のホームページをご覧いただきありがとうございます。

自律神経の乱れを整える治療に欠かせない筋肉があります。

それが胸鎖乳突筋です。

交感神経線維が非常に豊富な筋肉のため、精神的ストレスや緊張ですぐに緊張してしまう部位です。

この筋肉が緊張してしまうと、身体はたちまち交感神経優位となり、副交感神経の働きが悪くなり、自律神経の失調がおこります。

おもな症状は、椎骨動脈の循環低下による慢性疲労間、睡眠障害、のどの違和感(咽喉頭異常感症)、パニック発作など多岐にわたります。

また胸鎖乳突筋の緊張を治療することにより、椎骨動脈の循環が改善するため、椎骨動脈の枝である内耳動脈の循環も改善するため、メニエール病や突発性難聴の治療にも非常に有効です。

トリガーポイント療法と中医学に基づく鍼灸治療

   ↓  ↓  ↓

   詳しくはこちら