施術について

腱鞘炎

鍼灸 目黒治療室のホームページをご覧いただきありがとうございます。

親指の曲げ伸ばしで付け根が痛む腱鞘炎。過度なパソコン作業や赤ちゃんの長時間の抱っこなど原因は様々ですが、共通しているのは指の使い過ぎによるものが多いです。パソコン作業で起こる腱鞘炎には短母指伸筋腱や長母指外転筋腱など前腕部の筋肉を治療すると効果的です。赤ちゃんの抱っこや重い物の持ちすぎで怒る腱鞘炎には上記の筋肉の他に力こぶを作るときの筋肉の上腕二頭筋の治療を加えるとより効果的です。色々な検査、テストで障害されている筋肉を特定しながら治療していけば、効果も格段に違います。

腱鞘炎でお困りの方、整形外科にいってステロイド注射を打っても良くならないという方は、是非、当院のトリガーポイント鍼灸治療をお試しください。

トリーガーポイント療法と中医学に基づいた腱鞘炎の治療

    ↓  ↓  ↓

    詳しくはこちら