施術について

腱鞘炎

鍼灸 目黒治療室のホームページをご覧いただきありがとうございます。

親指を曲げたり伸ばしたりすると、親指の付け根が痛む腱鞘炎。キーボードの使い過ぎや赤ちゃんの長時間の抱っこなど原因は様々ですが、共通しているのは指の使い過ぎによるものが多いです。キーボードの使い過ぎで起こる腱鞘炎には長母指外転筋腱や短母指伸筋腱など前腕部の筋肉を治療すると効果的です。赤ちゃんの抱っこや重い物の持ちすぎで怒る腱鞘炎には上記の筋肉のほかに上腕二頭筋の治療を加えると効果的です。

腱鞘炎でお困りの方、整形外科にいっても良くならないという方は、是非、当院のトリガーポイント鍼灸治療をお試しください。

詳しくはこちら