【適応症】 運動器系疾患

胸郭出口症候群

胸郭出口症候群とは、腕神経叢(図参照) と周囲の血管(鎖骨下動脈、鎖骨下静脈)が胸郭出口部で骨(頚肋、鎖骨、第一肋骨など)や筋肉(前斜角筋、中斜角筋、小胸筋など)によって神経や血管が圧迫され、首の痛みや肩の痛み、腕の痛み、背中の痛み、頭痛、肩凝り、しびれ、冷感など様々な症状を発生させます。さらに、腕神経叢は周囲の交感神経と密に複雑なネットワークを構築していますので自律神経様症状を訴えることも多々あります。

女性では20〜30代に多く、なで肩の人で頚部周辺の筋肉の発育が悪い人によく認められます。頚部周辺の筋力が弱いと、腕神経叢が腕の重さに耐えかねて、胸郭出口部で引っ張られ、神経炎を発生させます。逆に、男性の場合では中高年で、怒り肩で、筋肉質で、首の短い人に多く認められます。この様な方は腕神経叢や血管が周囲の組織で圧迫され、神経炎や血行障害が生ずるためと考えられています。

胸郭出口症候群の治療法

まず、頸部の前斜角筋、中斜角筋、板状筋、胸鎖乳突筋、僧帽筋、そして小胸筋を緩めます。
この時点で症状はだいぶ改善されますが、前斜角筋、中斜角筋が石の様に硬くなっている方の場合は、過度なストレスや低血圧が関与している場合がありますので、これらにも対処していく必要があります。
主に後頸部や上位胸椎の直側には、ストレスに効果抜群のツボがあり、副交感神経の活動を高める働きがありますので、これらの治療を組み合わせることにより自律神経症状や血流も改善され、より高い効果を得ることができます。