【適応症】 運動器系疾患

頸椎椎間板ヘルニア

頸椎椎間板ヘルニアは、40-50歳代に多く、動きの大きい第4頸椎から第6頸椎間の中下位椎間板に多く起こります。頚部痛、背部痛、肩こりなど脊柱周囲の症状を伴うことがあり、また、頚部運動時、特に後屈時に電撃痛を生じる場合もあります。神経圧迫を生じると脊髄症あるいは神経根症状を呈します。頚部で脊髄が障害された場合は、手足のしびれや脱力などの運動障害を自覚することが多く、重症例では排尿や排便の障害も伴います。神経根障害では、頚部痛や肩甲骨周囲あるいは上肢の局所的な痛みを伴うことが多く、腕が上がらないなどの局所的な上肢の運動障害を伴う場合もあります。

頸椎椎間板ヘルニアの治療法

痛みや痺れは、神経の圧迫によりものだけではなく、筋肉繊維の硬直によるものも原因となりうる」という考え方(トリガーポイント理論といいます)から、まずは症状と関係の深い筋肉を徹底的にほぐします。
頸部では、頸椎の関節部分や椎間孔付近に付着している多裂筋や回旋筋などをほぐし、頸椎の可動性を高めます。さらに頸椎椎間関節にけん引・ストレッチを施して、椎間孔部分を拡大していきます。この時点で頸、肩、上肢の症状が楽になる方もいらっしゃいます。
特に肩甲骨付近や、腕などの痺れや痛みが強い場合には、神経根の近傍に低周波鍼療法をおこなうと、すみやかにこれらの症状を軽減させることができます。