【適応症】 運動器系疾患

五十肩(肩関節周囲炎・四十肩)

五十肩は、男女とも50歳前後に起こりやすい肩の痛みで、動きも悪くなることが普通です。例えば、シャツを着たり脱いだりする動作がつらくなります。昔からいわれていることですが、頭の後ろで髪を結う動作、腰の後ろで帯を結ぶ動作が難しくなるのが特徴です。痛みは、肩から腕にかけて感じることが多く、腕を上げようとするときに痛みます。なお、いわゆる五十肩に肩関節周囲炎という病名が使われることがありますが、これは、五十肩の前段階となる腱や滑液包の炎症、石灰沈着性腱炎(腱にカルシウムが沈着して、急性の激しい痛みを起こす病気)などを含めた、広い範囲の病気をさす病名です。

▼ 加齢と使いすぎがきっかけで起こる
五十肩がなぜ起こるのか、その原因はよくわかっていません。しかし、少なくとも加齢に伴って起こる現象であることは確かで、初めの変化は肩の関節をとりまく腱の炎症であろうと考えられています。また「五十肩は夜つくられる」という言葉があるように、睡眠時に横を向いて寝るくせのある方は、下側にしている肩が五十肩になりやすいとも言われています。
50年間も使ってくると、肩の関節をとりまく腱の組織に老化現象が起こってきますし、その表面のなめらかさが失われてきます。ここになんらかのきっかけ(おそらく“使いすぎ”)があると、腱の炎症が起こるものと思われます。

▼ 炎症から癒着、そして自然治癒へ
五十肩の起こり始めには、夜、寝返りをうつときにぎくっと痛んで目覚めることもあります。痛みの強いときは、炎症が起きている時期で、その後、炎症が治まるにつれて痛みは軽くなります。
腱とその周囲が炎症のなごりで癒着を起こし、すべりが悪くなるので、関節の動きが悪くなります。徐々に癒着が軽くなって、動きが正常な状態に戻るまでには、半年から1年もの時間がかかるのが普通です。

五十肩の治療法

五十肩の好発部位は多い順から棘上筋腱、上腕二頭筋長頭腱、これらの混合、となります。(図参照)

これらの腱の痛みをとり、肩関節の可動域を広げるには、棘上筋や上腕二頭筋の治療はもちろん、これらと関係の深い筋群である上腕三頭筋、三角筋、肩甲下筋、大円筋、小円筋、小胸筋、棘下筋、僧帽筋、菱形筋等の緊張を丹念に取り除かなければなりません。これらの筋肉の治療だけでも肩関節の可動域はあるていど改善されます。しかしここまではどこの治療院でもやること。 当治療院ではさらに、手足に複数ある五十肩の特効穴(いわゆるツボ)から、とくに有効と思われるツボを選択し、治療に組み入れます。さらに頸椎椎間関節にけん引・ストレッチを施して、肩甲背神経や肩甲上神経の緊張を和らげて上記の筋緊張をゆるめて、肩関節の可動域をさらに広げていきます。
このように総合的な治療を施すことで、より早く五十肩を完治に導くことができるのです。